審査の基準と判断

カードローンの審査の基準はどのようにして決められるのでしょうか。例えば、カードローンは一般的に銀行系のものと信販系のものに分けられていますが実はこうした分け方は正しくありません。

 

銀行系のカードローンにしても信販系のカードローンにしても、適用される法律は貸金業法という法律であってその基準は変わらないからです。銀行系であっても信販系であっても必ずこの法律の基準で審査を行わなくてはいけないため、両者を分けて考える必要はないのです。

 

仮に、貸金業法の基準を逸脱してサービスを提供していた場合にはその業者は法律違反をしていることになります。

 

そのため、正しい分類としては銀行法が適用される銀行のサービスとそれ以外のサービスとなります。これらはそのまま銀行法と貸金業法の違いで説明することができるため、審査の基準に関してもこれら二つの法律の違いで説明するのが正しいです。

 

実際、銀行法が適用される銀行のカードローンは審査が厳しいです。正社員であることを求められることもありますし、何より貸金業法が適用されるサービスと異なって増額申請が通りいくい特徴があります。

 

その反面、大きなお金を借りることができるメリットもあるため、利用するときにはそれぞれのメリットを考慮して申請することが大切です。

 

消費者金融同士でも審査の基準は異なるので、借り入れ先の情報をそれぞれ見ておく必要があります。有名業者のモビットで借りるなら、利用前にモビットの確認情報で審査の受け方、基準などを知ると良いです。